マーケティングも自動化の時代?マーケティングオートメーションとは


マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは情報端末にダウンロードする専用ソフトのことです。その役割は商業分析であるマーケティングをしたときに得た情報をまとめるだけでなく、これから起こりうることを情報から算出し相手にとって必要な情報提供を即座に出来るようにします。

メリットは既存企業との差を埋められること

マーケティングオートメーションのメリットは経験による予測の脱却です。これまでのマーケティングは開発した商品の試作品を作って相手側に送ります。その商品を取り扱うメリットを共有し購買意欲を高めて信頼を勝ち取ることで、現在の商品だけでなくこれから開発する商品も取り扱ってもらえるように段階的に行動します。マーケティングは企業経営にとって必須ですが、ただ購買意欲を高める行為には適切な情報をまとめる能力や話術そして経験による予測が必要となり、それを持ち合わせていない新規企業にとっては不利です。そこでマーケティングオートメーションソフトを導入することによって、現在の状況から適切な情報をまとめるだけでなくこれから必要になる情報を算出します。これをリードナーチャリングというのですが、その情報を元に行動すれば新規企業でも十分に既存企業と同等のマーケティングが可能になります。ただ注意しなければならないことは複数の企業も同じことをしているという点です。そのためマーケティングオートメーションソフトの活用はあくまで商業分析のノウハウを構築するまで活用します。その間にソフトとは別の観点から物事を構築する力も養っていき、マーケティングオートメーションソフトの分析と人間の分析力で最新の相手側がほしいニーズを読み取ることが必要です。

お客様一人一人に最適なサービスを提供するための業務や処理を自動化することや、システムやツールをマーケティングオートメーションと呼びます。コスト削減と顧客対応の効率化が図れると利用する企業が増えました。