テープタイプで自由自在の照明が実現!!ACアダプターの選択に注意!!


テープタイプの照明器具なら自由自在に取付けられる

これまでの照明器具は、形や長さが決まっていました。電球や蛍光灯などを使うとき、販売されている物からしか選べません。多様な形のものが選べるものの、目的にぴったり合わそうとすると電気工事などが必要でした。LEDの照明器具の中に、テープ状のものが販売されています。巻き取るような形で売られていて、好きな長さで切り取ったりもできます。一番端にのみ配線がついているので、その部分は加工なしで電源などに接続できます。その他の部分は、切ったところから配線をつなげば同様に電源に接続できます。テープ状の形を生かして長い照明を作ったりできますし、長いまま円状に配置した照明もできます。自由自在の照明が実現できるようになりました。

加工可能なLEDの照明を使うときの注意

これまで店舗の照明などでは、電気工事を専門に扱う業者に依頼する必要がありました。自宅などでも通常の照明器具以外の部分は工事が必要になるでしょう。LEDの照明器具は非常に多彩で、しかも加工などが簡単に行えます。一部はんだ加工が必要になるときもありますが、はんだ加工なしに電源との接続ができる方法もあります。複数の色を交互に発色する照明などもあり、自分で工夫しながら設定ができます。この時、電源に使うのがACアダプターです。コンセントからは交流の電気が流れていますが、LEDは直流の電気を使うためACアダプターで直流に変えて使います。接続するLEDの数によって必要なアンペアが変わります。それに応じたACアダプターを使う必要があります。

ledパネルはお店の入り口や映画館や駅の構内などにある光る看板です。光ることで見てもらいたい物をアピールすることができます。大きさもさまざまで屋外でも使われています。