自分自身できちんとプライバシーを守ろう!


以外な場所から秘密が漏れている?

誰でも自分自身のトップシークレットを知られていたら気持ちの良いものではないですよね。それが自分が嫌いな人であれば、なおさらではないでしょうか。自分自身のプライバシーは自分自身できちんと守るしかないのが実情です。自分自身でトップシークレットにあたる事を家族や会社の同僚を含む他人には絶対に言わないのはもちろん、秘密を記載している紙などはシュレッダーで細かく裁断するか、他人にパスワードを知られていない金庫などにきちんと保管しておく事が大切ですよ。

インターネット上に乗せたりしない。

いくら紙媒体で厳重に保管していたとしても、インターネット上に載せたりしていたら意味がないです。どうしてもインターネット上に載せる必要があるのであれば短期間で情報を削除したり、非常に複雑なパスワードなどをきちんとかけておく事が大切ですよ。

パソコンやスマートフォンに保管する際にも要注意。

インターネットに接続しているパソコンやスマートフォンにトップシークレットを保管する際にも要注意です。通常のユーザーだとスマートフォンやパソコンの内部を覗く事は非常に難しいですが、中にはハッキングの知識がある人もおりそのような人に遭遇したら、パソコンやスマートフォンに保管してあるトップシークレットの情報が丸見えになりますし、タチが悪い人だとインターネットの世界に知られたくない情報を流出させてしまうかもしれません。そうならないためには、ハッキング対策などの専門ソフトやアプリをダウンロードしておく事が大切なポイントになりますよ。

シュレッダーとは書類などを裁断する機械のことで、最近では、個人情報の観点からオフィスだけでなく一般家庭でも使われるようになっています。